FC2ブログ

Blender入門 Particle・「Vertex Group 」を使ってHairの密度に変化をつける

どうも、アナログイラストレーターのQuuneeです。

長い間CGアニメに憧れてましたが、
無料ソフトBlenderを手に入れ、
実際にCGに挑戦することにしました!
(Blenderの入手方法はこちら


そしてこれまた無料でチュートリアル本を入手しました。

Blender Basics

チュートリアル本表紙

この本、なかなかいいですよ!
一通りやればかなりの技術が習得出来そうです。
この内容で無料とは…!

Blenderを勉強しようとしている方は
是非ダウンロードしてみて下さい。

どこかのスクールのテキストなんでしょうか。
たくさんのエクササイズがあるんですけど
その都度終りのに
「出来たらインストラクターを呼んで下さい。」
と書いてます。

ただ難点は全文英語。
ちょっととっつきづらいですね。

でも頑張ってこの本を実践して
Blenderを学んでいきます。

皆さんのご参考になりましたら幸いです!


0P_20170413171211511.png
1P_20170413171216c60.png

ここ何回かに渡ってParticle機能のチュートリアルを
やっています。
前回からその中の「Hair」をやりはじめました。

前回は「Hair」の基本的な設定のチュートリアルでしたが、
今のところすべて均一な密度でしか設定出来ません。

これは自然な草原とか作るには不便ですね。

今回は「Vertex Group(頂点グループ)」を使って
密度に変化をつけるチュートリアルです。


2P_20170413171217dfa.png

新規ファイルを開いて
「X」を押して元からある立方体を削除します。

そして「shift+A」で
「Mesh」⇒「Plane」を選択して
平面を追加します。

さらに「S」を押して
適当な大きさに拡大します。


3P_20170413171218a0b.png

「tab」を押してEdit Modeにします。

ツールシェルフ内の「Subdivide」(赤枠)を
5回クリックして平面を細かく分割します。

「Subdivide」は
わざわざツールシェルフで選択しなくても
Edit Modeで「W」を押せば
その場で選択できるようですね。
これからそうします…。


4P_2017041317121860d.png

Propertiesウィンドウのヘッダーの
三角のアイコン(赤丸)をクリックして
オブジェクトデータパネルを開きます。


5P_20170413171218efb.png

上から3つ目の「Vertex Groups」の項で
+(赤丸)をクリックして
グループを追加します。


6P_20170413171218bdf.png

追加したグループの名前をクリックします。
すると上図のようになります。


7P_20170413171220cdb.png

「Grass」と名前を入力します。

さてここからですが、
頂点に「ウェイトをつける」という操作をします。

一体どうすることなのか全くわかりませんが、
やり方は2通りあるということです。

1つ目はEdit Modeでウェイトをつける方法。
2つ目はWeight Paintを使ってウェイトをつける方法。

初耳なことばかりで戸惑いますが、
とにかくチュートリアルの通り進めます。


8P_2017041317122232d.png

まず1つ目の方法です。

Edit Modeの状態で「A」を押して
全ての頂点を非選択にします。

そして「C」を押すと
カーソルが円形になります。(赤丸)

これで1点1点でなく、円の範囲を一遍に
選択出来ます。(サークル選択)


9P_20170413171223576.png

マウスをクリック&ドラッグで
頂点を選択していきます。

途中でマウスを離すと
選択はそこでストップしますが、
またクリック&ドラッグをすると
引き続き選択していくことが出来ます。


10P_201704131712256e4.png

ある程度選択したら、
右クリックで通常のカーソルに戻します。

そして「Vertex Groups」の項で
「Weight」を1.000にして
「Assign」(赤枠)をクリックします。


11P_2017041317122677c.png

ここでEdit Modeから
Weight Paint Modeにします。


12P_2017041317122854b.png

すると先ほど選択した部分が赤くなります。
これが「ウェイトをつける」ということなのか?
赤はWeightが最高値(1.000)であることを
示しているらしいです。


13P_2017041317123035f.png

2つ目の方法です。
「⌘(control)+Z」を数回押して
最初の全くウェイトがついていない状態に戻ります。

そして今度は最初から
Weight Paint Modeに入ります。

カーソルが赤い輪になりますね。


14P_20170413171232b30.png

ツールシェルフ内でカーソルというか
ブラシの設定を変えられるみたいです。

「Brush」という項があって
その中の「Weight」、「Radius」、「Strength」の
数値を変えるということです。

まあよくわからないので
(「Radius」だけはブラシの半径を変えるもの
というのはわかりました。)
適当に入力して、3Dビュー内でドラッグしてみます。
(ここらへんはPhotoshopのブラシと似ています。)

最初の一擦りで水色になりますが、
同じ場所を繰り返し擦ると、
水色⇒緑⇒黄色⇒赤と変わっていきます。

なんか地図の等高線の色分けに似ていますね。
暖色になるにしたがって高くなるという…。

実際この通りにWeightが高くなっているようです。
Weightに変化をつけるのはこっちのやり方の方が
簡単そうですね。


15P_20170413171233e84.png

Object Modeに戻り、
Propertiesウィンドウのヘッダーの
星のアイコン(赤丸)をクリックして
Particleパネルを開いて
「New」(赤枠)をクリックします。


16P_201704131712353e0.png

Particle設定パネルが開きます。

「Type」を「Hair」にすると
いきなり平面から毛が生えます。

いや、この場合草かな?


17P_20170413171236ba4.png

設定パネルの下の方の
「Vertex Groups」の項を
▼(赤丸)をクリックして展開します。

そして「Density(密度)」の項をクリックします。(赤枠)


18P_2017041317123781f.png

「Grass」の名前が出てきますので選択します。


19P_20170413171240136.png

おっ、ちょっと密度に変化が出ましたね。
しかし草が長くてわかりづらいですね。


20P_20170413171338f72.png

設定パネルの上の方の
「Emission」の項で
「Hair Length」の項の数値を変えて
草を短くします。

これだとわかりやすいですね。


21P_201704131713403f0.png

「shift+Z」でレンダリング表示にしてみます。

それぞれの場所でウェイトをつけたときの
色の通りの密度になっているのでしょうか?

つまり赤いところが1番密度が高く、
水色だったところが1番まばらという感じかな?

とりあえず「ウェイトをつける」という意味が
わかったと思います。

それにしてもどうせなら草に色を着けたいところです。

でも草も地面も同じ「Plane」ですから
地面を茶色にすると草も茶色になるし、
草を緑にすると地面も緑になってしまいます。

ここら辺のことはどうすればいいのか?

次回以降のチュートリアルに期待しましょう!


アバター_convert



必見!市販のBlenderマニュアル本を実質無料で手に入れる裏ワザ



人気ブログランキングへ

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

よろしければ
ボチッとお願いします!
プロフィール

QuuNee(クーニー)

Author:QuuNee(クーニー)
本名:青山邦彦

イラストレーター・絵本作家

建築図解イラスト、
絵本や図鑑など
たくさんのお仕事を
やらせて頂いてます。

ディズニー映画や
ハリーポッターに
魅せられ
CGに興味を持ちましたが
CGソフトは高価で
二の足を踏んでいました。

そんな時に
完全無料ソフト「Blender」に
出会いました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

ページの先頭へ